生漢煎・防風通聖散の特徴を紹介

 

 

私にはダイエットに成功した経験があるものの、その後にだらしない生活をしてリバウンドしてしまった苦い過去もあります。特にひどいときには、ダイエットの成功に気が緩んで暴飲暴食を繰り返してしまい、ダイエット成功後よりも12kgほど体重が増えてしまいました。

 

このときは、今までにないほどの大きなリバウンドであったため、私は見た目の心配だけでなく健康面の不安も強く感じるようになりました。そのため、このときはサプリメントではなく、より効き目が強い医薬品を取りいれてダイエットすることにしました。

 

そして、このとき活用したものが、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という漢方薬になります。ここでは、私が活用した防風通聖散の内容と、防風通聖散を使ってダイエットをしたときの体験談についてお伝えします。

 

私(管理人)が活用した防風通聖散とは

 

防風通聖散は、肥満症の解消に用いられる漢方薬です。医薬品ではありますが、医者に処方してもらうことなく、ネットを使うなどして気軽に購入することができます。

 

ただ、防風通聖散などの漢方薬の中には、使われている材料(生薬)が本来必要な量の半分しか配合されていないものがあります。このような防風通聖散の場合、薬の効き目が弱まり、ダイエットに成功しづらくなってしまいます。

 

このことから、防風通聖散によってダイエットを成功させるためには、効果が十分に発揮されるように生薬が配合されているもの選ぶことが重要になります。この条件に合致している防風通聖散として、「生漢煎・防風通聖散(しょうかんせん・ぼうふうつうしょうさん)」が挙げられます。

 

生漢煎・防風通聖散には、18種類の生薬によって代謝・利尿・便通の作用を発揮し、体についた皮下脂肪を落とします。そのため私は、「この漢方薬であれば、今の肥満体型の自分にも効果があるはずだ」と考え、生漢煎・防風通聖散を取り入れてダイエットを行うようにしました。

 

生漢煎・防風通聖散を注文してお取り寄せ

生漢煎・防風通聖散を注文して取り寄せてみました。すると、注文から2日ほど経って、以下のような梱包状態で自宅に到着しました。表面には「ダイエット商品」などの記述はないため、家族などが受け取っても「身内の誰かがダイエット商品を買った」と思われる心配はありません。

 

 

中を開けるとパンフレットがあり、その下側に生漢煎・防風通聖散の商品本体が入っていました。

 

 

また、肥満症を改善する効果が認められている生漢煎・防風通聖散ですが、誰が飲んでもいいわけではありません。適した人が服用しなければ、その効果によってダイエットに成功することはありません。

 

生漢煎・防風通聖散の場合、「体にたくさんの皮下脂肪がついていて、明らかに肥満体型である人」が適しています。その一方で、皮下脂肪がほとんどついていない細身の人の場合、生漢煎・防風通聖散を飲むことでさらに痩せることはできません。

 

そのため、このときの私のように「皮下脂肪のつき過ぎで、誰がどう見ても太っている状態」であるときに、生漢煎・防風通聖散を使用するようにしましょう。

 

ちなみに、生漢煎・防風通聖散には、肥満症だけでなく便秘やむくみなどの症状を解消する効果も認められています。そのため、体についた皮下脂肪だけでなく、便秘やむくみなどにも悩んでいる人であれば、肥満解消に加えてそれらの問題も解決できるようになります。

 

生漢煎・防風通聖散を飲んだ感想

生漢煎・防風通聖散は粉末タイプの薬であり、1回分の量が1つの袋に個別で入っています。そのため、外出する際にも気軽に携帯することができます。

 

 

生漢煎・防風通聖散を飲んでみたところ、漢方薬ということもあって味はやはり苦いです。そのため、口に入れたらすぐに水で流し込んでしまうのが良いです。

 

また、生漢煎・防風通聖散の袋を開けると、ウーロン茶に似たような独特のにおいがします。あまりいいにおいではないため、袋を開けたらすぐに飲んでしまうべきでしょう。

 

生漢煎・防風通聖散の飲み方

生漢煎・防風通聖散は、1日につき3回(3袋)服用することになっています。そして、防風通聖散は空腹時に服用すると吸収されやすいとされています。そのため、「食事を摂る前に防風通聖散を飲む」ように習慣づけするのが効果的です。

 

ただ、仮に防風通聖散を飲み忘れた場合であっても、食事を摂ってから2〜3時間後に飲めば大丈夫です。

 

また前述の通り、生漢煎・防風通聖散には、便秘を改善させる効果があります。そのため、生漢煎・防風通聖散を下剤と一緒に服用するのは避ける必要があります。

 

生漢煎・防風通聖散を試した結果

私が生漢煎・防風通聖散の服用を始めたところ、そこから1週間ほど経ったあたりから、以前よりも便の回数や量が多くなってきました。以前はお腹の中が重く感じていましたが、防風通聖散を飲み続けることにより、お腹の中が以前よりもスッキリするようになりました。

 

さらに、お腹の中に溜まった便が出るようになったためか、防風通聖散を飲み始めて1ヵ月を過ぎたあたりで、体重が次第に減っていくようになりました。

 

また、生漢煎・防風通聖散のパンフレットを見てみると、「体質を改善するために、無理のない運動をしながら継続的な服用をおすすめします」と記載されています。そこで、ただ単に防風通聖散を飲むだけでなく、以前ダイエットをしていた頃と同じく、可能な範囲で体を動かす機会を増やすようにしました。

 

その具体的な内容としては、「エレベーターやエスカレーターの使用を控え、できるだけ階段を使う」「テレビを見ているときなどで簡単な運動(ストレッチなど)を行う」といったものです。

 

さらに、「外食や飲み会に行く頻度を少なくする」「夕食をできるだけ早く済ませる」といった食生活の改善も、無理のない範囲で取り入れるようにしました。

 

 

このような形で、生漢煎・防風通聖散を服用しながらダイエットに取り組んでいった結果、ダイエット開始から2ヵ月目を迎える頃には、体重が3.4キロ減少していました。

 

さらに、見た目を肥満体型から普通の体型に近づけることができたためか、友人や同僚から「前よりもスッキリしたね!」と言われるようになりました。

 

このように、生漢煎・防風通聖散を飲みながらダイエットを行うことで、体についた皮下脂肪を減少させることができます。ちなみに、生漢煎・防風通聖散の服用を始めてから約1週間以降に「便の回数や量の増加」などを感じた場合、それは防風通聖散が効いているサインとなります。

 

そして前述の通り、生漢煎・防風通聖散には便秘やむくみなどを改善する効果もあります。生漢煎・防風通聖散を活用しながらダイエットを行うことで、便秘やむくみなどの症状を解消しつつ、皮下脂肪を減らしていくことができます。

 

男性であっても女性であっても、体に溜まった皮下脂肪を落としたい肥満体型の方であれば、生漢煎・防風通聖散が適しています。そして、サプリメントよりも効果の高い医薬品(漢方薬)を活用してダイエットを成功させたい場合、ぜひ「生漢煎・防風通聖散」を試してみてください。

 


サイトマップ
HOME 管理人情報 ダイエットでの食事 おすすめダイエットサプリ