炎症の型(滲出性炎・増殖性炎・特異性炎) − 健康と医療の情報局

炎症の型(滲出性炎・増殖性炎・特異性炎)

 

炎症には、いくつかの型が存在する。

 

滲出性炎

炎症のうち、血管内の成分の滲出(しんしゅつ、「にじみ出ること」)が、比較的強く起こるものを滲出性炎という。

 

滲出性炎は、滲出する成分の種類によっていくつかに分けられる。

 

●カタル
粘膜に起こった滲出性炎のことを、カタルという。

 

カタルは、滲出する成分によって分類でき、膿性カタル粘液性カタル漿液性カタルなどがある。

 

また、アレルギー性鼻炎は、漿液性カタルにあてはまる。

 

漿液性炎

 

凝固因子の1種にトロンビンがある。トロンビンの働きで、血液に含まれるフィブリノゲン線維素(フィブリン)となる。

 

血漿のうち、線維素(フィブリン)以外の成分を血清という。

 

そして、この血清に近い成分をもつ液体を漿液(しょうえき)という。

 

主に滲出する物質が漿液となっている炎症のことを漿液性炎という。

 

漿液性炎にあてはまるものには、虫刺されのときの皮膚の腫れ、火傷した状態の皮膚の水ぶくれ(水疱:すいほう)などがある。

 

線維素性炎

 

炎症のうち、線維素(フィブリン)が多く析出(せきしゅつ、「溶液から個体が分かれて出ること」)する特徴をもつものを線維素性炎という。

 

線維素性炎にあてはまるものには、ジフテリア、線維素製心膜炎が存在する。

 

ジフテリアは、粘膜における線維素性炎である。粘膜での線維素性炎の場合、粘膜の表面が、滲出(しんしゅつ)した線維素と壊死した物質によっておおわれる。

 

上記のことから、粘膜での線維素性炎のことを、偽膜性炎という場合もある。

 

出血性炎

 

激しい出血を起こす炎症のことを出血性炎という。出血性炎にあてはまる疾患として、インフルエンザ肺炎があげられる。

 

化膿性炎

 

好中球が浸潤(しんじゅん)することが中心となっている炎症を化膿性炎という。

 

化膿性炎にあてはまるものには、膿瘍(のうよう)、蜂巣炎(フレグモーネ、蜂窩織炎)があげられる。

 

●膿瘍
壊死したものや好中球の集まりを膿汁という。膿汁は、黄色に近い色を示し、粘り気がある。

 

この膿汁が、組織の一部が欠けて新しくできた空洞の中に溜まった状態を膿瘍(のうよう)という。

 

●蓄膿
膿汁が、体にもともと存在する空洞に溜まっている状態を蓄膿という。蓄膿にあてはまるものには、副鼻腔炎などがあげられる。

 

●蜂巣炎(フレグモーネ、蜂窩織炎)
浮腫の発生と好中球の浸潤が広い範囲で起こることを特徴とする炎症として、蜂巣炎(フレグモーネ、蜂窩織炎)がある。蜂巣炎が確認される疾患として、急性虫垂炎があげられる。

 

壊疽性炎

 

壊死のうち、嫌気性菌の感染などを含む独特な形態のもの壊疽(えそ)という。

 

そして、激しい壊疽を示す炎症のことを壊疽性炎という。壊疽性炎は、急性虫垂炎が治療されずに進んだ場合に確認されることがある。

 

増殖性炎

炎症のうち、細胞が増殖することを特徴にもつものを増殖性炎という。増殖性炎にあてはまる疾患には、肺線維症や肝硬変症があげられる。

 

特異性炎(肉芽腫性炎)

特殊な組織である肉芽腫がつくられる増殖性炎のことを、特異性炎(肉芽腫性炎)という。特異性炎にあてはまる疾患には、ハンセン病や結核などがあげられる。

 

●肉芽腫、類上皮細胞
異物などを取り込んだマクロファージが、取り込んだものを消化できないといった場合、そのマクロファージは類上皮細胞に変わる。類上皮細胞は、紡錘形をしている。

 

類上皮細胞は、異物などを包み込んで、その物質を周りの組織から隔絶させる。類上皮細胞が、球のように集まった状態のものを肉芽腫という。

 

アトピー性皮膚炎などの皮膚の炎症にお悩みの方へ

 

アトピー性皮膚炎があると、毎晩かゆみでなかなか寝付くことができません。また無事に寝ることができたとしても、寝ている間に体をかいてしまい、翌朝に肌がボロボロになってしまうことは多いです。

 

そして、アレルギーによる皮膚炎に悩む方におすすめのサプリメントとして、「アレルナイトプラス」があります。

 

アレルナイトプラスには、私たち日本人の体に最も馴染みがある乳酸菌である「植物性ラクトバチルス乳酸菌」が含まれています。そして、植物性ラクトバチルス乳酸菌には、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の緩和をサポートする働きがあります。

 

私自身、長年アトピー性皮膚炎に悩まされており、かゆみがつらくてなかなか寝付けない日を何度も過ごしていました。

 

そして、ネットでの評判を聞いて「アレルナイトプラス」を試してみたところ、かゆみで眠れなくなる日々から少しずつ抜け出せるようになりました。さらに、味自体も非常に飲みやすくて、一切ストレスなく飲み続けることができました。

 

アトピー性皮膚炎などの皮膚の炎症に悩まされている方は、ぜひとも「アレルナイトプラス」をお試しください。かゆみによる睡眠不足から抜け出し、より健やかな毎日を手に入れてください。

 

 

アレルナイトプラスのご購入はこちらから