耳の構成、中耳炎、メニエール病 − 健康と医療の情報局

 

耳の構成、中耳炎、メニエール病

 

耳の構成
耳は、体の外側に近い方から順に外耳中耳内耳の3つで構成されている。体の傾きや進む速さなどを知覚する平衡感覚と、音を知覚する聴覚は、それぞれ耳が担当している。

 

中耳炎
鼓室、耳管、側頭骨含気蜂巣(そくとうこつがんきほうそう)、乳突洞に生じる炎症のことを中耳炎という。

 

 中耳炎の症状
中耳炎の場合に引き起こされる症状として、難聴、耳の痛み、耳漏があげられる。

 

 急性中耳炎

 

・急性中耳炎の原因
急性中耳炎の多くは、ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌などの細菌の感染を原因として発病する。急性中耳炎の原因となる細菌は、血流や耳介などを通して感染する。

 

・急性中耳炎の症状
急性中耳炎では、鼓膜が浮腫状にふくらむ。また、耳管や中耳腔は、にじみ出た物質によって満たされた状態になる。

 

 慢性中耳炎
鼻咽頭炎などの疾患に合わせて、慢性中耳炎が引き起こされることがある。

 

・慢性中耳炎の症状
慢性中耳炎を発病した場合、難聴や耳漏の症状がそれぞれ続く。これらの症状に合わせて、欠損が鼓膜に生じることがある。

 

慢性中耳炎が進んだ場合、鼓室の周りにまで病変が広がる。そして、錐体炎や乳様突起炎などの炎症が起こる。

 

・真珠腫性中耳炎
真珠腫性中耳炎は、慢性中耳炎の型の1つである。真珠腫性中耳炎では、白い真珠に似たかたまりである真珠腫が、はがれ落ちた扁平上皮によってつくられる。

 

高度になった真珠腫の場合、成長していくとともに周りに位置する骨組織を壊していく。また、高度な真珠腫の症状として、顔面神経の麻痺(まひ)、めまい、伝音難聴などを生じる場合がある。

 

また、真珠腫の治療法として、手術があげられる。

 

メニエール病
内耳の疾患のうち、治りにくいもの(難治性のもの)として、メニエール病がある。メニエール病には徴候があり、感音性難聴耳鳴・急に起こるめまい発作である発作性突発性眩暈(げんうん)の3つがあげられる。

 

 メニエール病の症状
メニエール病の場合に起こる症状として、悪心嘔吐があげられる。