上肢帯・上腕の筋 − 健康と医療の情報局

 

上肢帯・上腕の筋

 

上肢の筋
上肢の筋は、上肢帯上腕前腕のそれぞれの筋群に分けられる。上肢の筋は、すべて腕神経叢の枝に支配される。

 

上肢帯の筋群
上肢帯の筋群には、浅層の筋回旋筋群下方の筋がある。

 

 浅層の筋
上肢帯の筋群のうち、浅層の筋には三角筋がある。

 

・三角筋
三角筋は上肢帯の浅層の筋にあたる。肩甲骨の肩甲棘と肩峰、鎖骨の外側からそれぞれ起始し、上腕骨の真ん中の外側で停止する。三角筋には、上腕を外転する役割がある。

 

肩に丸みがあるのは、三角筋が肩関節をおおっているためである。三角筋を支配する神経は、腋窩(えきか)神経である。

 

 回旋筋群
回旋筋群は、肩甲下筋小円筋棘上筋棘下筋の4つで構成される。回旋筋群の腱をまとめて回旋筋腱板という。回旋筋腱板は、上腕骨頭を包んで肩関節に安定性をもたせる。

 

・肩甲下筋
肩甲下筋は、肩甲骨の腹側(体の正面側)の面から起始し、上腕骨の上方の小結節で停止する。上腕の内旋(内側に回す)を行う。肩甲下筋を支配する神経は、肩甲下神経である。

 

・小円筋
小円筋は、肩甲骨の外側(体の中心から遠い部分)の縁から起始し、上腕骨の上方の大結節で停止する。上腕の外旋を行う。小円筋を支配する神経は、腋窩神経である。

 

・棘上筋、棘下筋
棘上筋は、肩甲骨の背側(体の裏面側)の面で、肩甲棘の上部から起始し、上腕骨の上方の大結節で停止する。棘下筋は、肩甲骨の背側の面で、肩甲棘の下部から起始し、上腕骨の上方の大結節で停止する。

 

どちらも、上腕の外旋を行う。棘上筋と棘下筋を支配する神経は、肩甲上神経である。

 

 下方の筋
下方の筋にあてはまるものには、大円筋がある。

 

・大円筋
大円筋は、肩甲骨の下部の角から起始し、上腕骨の上方の小結節稜で停止する。上腕の内旋と内転を行う。大円筋を支配する神経は、肩甲下神経である。

 

上腕の筋群
上腕の筋群には、上腕前面の筋群上腕後面の筋群がある。上腕前面の筋群は、肘関節の屈曲を行う。上腕前面の筋群を支配する神経は、筋皮神経である。

 

上腕後面の筋群は、肘関節の伸展を行う。上腕後面の筋群を支配する神経は、橈骨(とうこつ)神経である。

 

 上腕前面の筋群
上腕前面の筋群は、屈曲を行う筋で構成されるため、屈筋群でもある。上腕前面の筋群は、筋皮神経の支配を受ける。

 

・上腕二頭筋
上腕二頭筋には、長頭短頭がある。長頭は、肩甲骨の関節上結節から起始し、橈骨の上方にある橈骨粗面(とうこつそめん)で停止する。

 

短頭は、肩甲骨の烏口突起から起始し、長頭と同じく橈骨粗面で停止する。

 

上腕二頭筋は、肘を曲げさせ、それにあわせて前腕の回外を行う。上腕二頭筋は、紡錘形の筋腹をしており、肘を曲げた場合にふくらみ(力こぶ)を形成する。

 

・上腕筋
上腕筋は、肘関節の屈曲を行う筋である。

 

・烏口腕筋
烏口腕筋は、上腕を挙上する役割をもつ。

 

 上腕後面の筋群
上腕後面の筋群は、伸展を行う筋で構成されるため、伸筋群でもある。上腕後面の筋群は、橈骨神経の支配を受ける。

 

・上腕三頭筋
上腕三頭筋は、上腕の後面にある筋であり、サイズが大きい。上腕三頭筋には、長頭内側頭外側頭がある。長頭は、肩甲骨にある関節下結節から起始し、尺骨の上の方にある肘頭で停止する。

 

内側頭と外側頭は、上腕骨の背面から起始し、長頭と同じく肘頭で停止する。上腕三頭筋は、肘関節の伸展を行う。