脳神経の支配域・分類(体性運動神経・特殊知覚神経・鰓弓神経) − 健康と医療の情報局

 

脳神経の支配域・分類(体性運動神経・特殊知覚神経・鰓弓神経)

 

末梢神経のうち、脳に出入りするものを脳神経という。脳神経は、12対存在する。それぞれの脳神経は、他の脳神経と神経叢を構成しない。脳神経の性質は、それぞれの脳神経ごとにはっきりと分かれている。

 

脳神経の名称と支配域
それぞれの脳神経には、脳から出る順番に、T〜]U(1〜12)のローマ数字が付けられている。

 

 嗅神経:T
鼻腔の上方には嗅粘膜がある。嗅粘膜がもつ知覚細胞からは、神経線維が数多く出ている。これらの神経線維は、前頭蓋窩の篩板(しばん)を通過する。そして、頭蓋腔に入った後、脳にある嗅球で終わる。

 

嗅神経は、嗅覚の伝達を行う。

 

 

 視神経:U
眼球の後ろ側から、視神経が始まる。まず、視神経管を通過し、頭蓋腔の内部に進む。そして、下垂体の前方で視交叉を構成する。視交叉からは、視索が出る。視索は、外側膝状体の内部に進む。

 

視神経は、視覚の支配を行う。

 

 

 動眼神経:V
動眼神経は、大脳脚の内側の縁から出る。その後、海綿静脈洞を通過し、上眼窩裂に進む。そして、上眼窩裂から、眼窩に入り込む。

 

動眼神経の支配を受ける眼筋には、それぞれ副交感線維がある。これらの副交感線維は、毛様体神経節を通過し、眼球にある毛様体筋と瞳孔括約筋にそれぞれ分布する。

 

動眼神経は、眼筋のうちの上直筋下直筋内側直筋下斜筋上眼瞼挙筋の支配を行う。これらのうち、上直筋・下直筋・内側直筋・下斜筋の4つは、それぞれ眼球を動かす筋である。

 

 

 滑車神経:W
滑車神経は、中脳の後ろ側の面から出る。それから、海綿静脈洞を通過し、上眼窩裂に進む。そして、上眼窩裂から、眼窩に入り込む。

 

滑車神経は、眼筋のうちの上斜筋の支配を行う。上斜筋は、眼球を動かす筋の1つである。

 

 

 三叉神経:X
三叉神経は、橋の外側の端から脳に出入りしている。中頭蓋窩の硬膜には、三叉神経節(ガッセル神経節、半月神経節)が含まれている。

 

三叉神経節からは、三叉神経の知覚根が眼神経上顎神経下顎神経の3つに分かれて出ている。

 

眼神経は、上眼窩裂を通過して頭蓋腔を出て行く。上顎神経は、正円孔を通過して頭蓋腔を抜ける。下顎神経は、卵円孔を通過して頭蓋腔を出て行く。

 

三叉神経節からは、三叉神経の運動根も出ている。三叉神経の運動根は、下顎神経に加わりつつ出る。

 

三叉神経は、咀嚼筋群の支配、顔の体性知覚の支配を行う。咀嚼筋群とは、顎の運動を行う筋の群である。

 

 

 外転神経:Y
外転神経は、橋の下側の縁から始まる。その後、斜台にある硬膜を超え、海綿静脈洞を進んでいく。そして、上眼窩裂から眼窩に入り込む。

 

外転神経は、眼筋のうちの外側直筋の支配を行う。外側直筋は、眼球を動かす筋の1つである。眼球を外側に向けて回転させる働きをもつ。

 

 

 顔面神経:Z
顔面神経は、橋から始まり、内耳道に入る。内耳道に入ってからは、顔面神経管を進む。そして、茎乳突孔を介して頭蓋腔を出て行く。頭蓋腔を出てからは、顔にある表情筋に分布する。

 

顔面神経が、始まってから表情筋に分布するまでの間の途中で、顔面神経から出ている枝(神経)がある。その神経のうちの1つとして、鼓索神経がある。鼓索神経は、副交感神経をもち、下の前方部の味覚を支配する。

 

顔面神経は、顔面にある表情筋の支配、舌の前方部の味覚の支配を行う。

 

 

 内耳神経:[
内耳神経は、前庭神経蝸牛神経とに分かれる。前庭神経は、半規管と前庭からの平衡覚を伝達する働きをもつ。蝸牛神経は、内耳にある蝸牛からの聴覚を伝達する働きをもつ。

 

蝸牛神経と前庭神経は、内耳道底で合流する。そして、頭蓋腔の内部に入って、橋の下側の縁から脳へと入り込む。

 

内耳神経は、平衡感覚の支配、聴覚の支配を行う。そのため、平衡聴神経ともよばれる。

 

 

 舌咽神経:\
舌咽神経は、延髄の上部の外側から始まる。その後、頸静脈孔から頭蓋腔を出て行く。

 

舌咽神経は、咽頭粘膜の知覚の支配、咽頭筋の嚥下(えんげ)運動の支配、舌の後部の知覚の支配、耳下腺の支配を行う。

 

 

 迷走神経:]
迷走神経は、延髄の外側から始まる。その後、頸静脈孔を通り、鎖骨下動脈の前の方と肺門の後の方をそれぞれ進む。そして、横隔膜を通過し、腹腔へと入り込む。

 

迷走神経は、咽頭部の知覚と運動の支配、胸部と腹部の内臓の副交感線維の支配を行う。

 

 

 副神経:]T
副神経には、脊髄根延髄根とが存在する。脊髄根は、僧帽筋と胸鎖乳突筋とに分布している。延髄根は、迷走神経に合流する。そして、咽頭筋と口蓋筋とに分布している。

 

副神経は、僧帽筋や胸鎖乳突筋などの支配を行う。

 

 

 舌下神経:]U
舌下神経は、延髄から始まる。その後、舌下神経管を進んで、頭蓋を出て行く。そして、咽頭の外側を下に進み、舌に入る。

 

舌下神経は、内舌筋の支配、外舌筋の支配を行う。

 

 

脳神経の分類
脳神経を、由来と役割によって分類する場合、体性運動神経特殊知覚神経鰓弓(さいきゅう)神経の3つのそれぞれの群に分けられる。

 

 体性運動神経の群
体性運動神経にあてはまる神経は、動眼神経〔V〕滑車神経〔W〕外転神経〔Y〕舌下神経〔]U〕である。

 

 特殊知覚神経の群
特殊知覚神経にあてはまる神経は、嗅神経〔T〕視神経〔U〕内耳神経〔[〕である。

 

 鰓弓(さいきゅう)神経の群
鰓弓神経にあてはまる神経は、三叉神経〔X〕顔面神経〔[〕舌咽神経〔\〕迷走神経〔]〕副神経〔]T〕である。