脊髄神経の構造・支配域 − 健康と医療の情報局

 

脊髄神経の構造・支配域

 

末梢神経のうち、脊髄に出入りしているものを脊髄神経という。31対の脊髄神経が存在する。

 

脊髄神経は、上部にあるものから順に、頸神経(8対)、胸神経(12対)、腰神経(5対)、仙骨神経(5対)、尾骨神経(1対)に分けられる。

 

それぞれの脊髄神経には、自律神経の線維、知覚神経(皮膚など)の線維、筋肉の運動神経の線維がある。

 

脊髄そのものも、脊髄神経が通っている位置によって5つに分かれている。上部にあるものから順に、頸髄胸髄腰髄仙髄尾髄という。

 

 

脊髄神経の構造

 

 前根、後根
脊髄の正面からは、前根が出ている。脊髄の背面からは、後根が出ている。前根と後根とがくっつくことで脊髄神経がつくられる。

 

脊髄の前角(前柱)には、運動ニューロン(運動神経細胞)が含まれている。運動ニューロンからは、運動性の軸索が出ている。これらの運動性の軸索は前根を通過している。

 

後根には、脊髄神経節というものがある。脊髄神経節には、知覚ニューロン(知覚神経細胞)が含まれている。知覚ニューロンからは、知覚性の軸索が出ている。これらの知覚性の軸索は、後根を通過している。

 

脊髄神経と同様に、脳の神経の場合も、脳の中に運動ニューロンを含み、脳の外部に知覚ニューロンをもっている。

 

ベル・マジャンディーの法則
前根が運動性であり、後根が知覚性であるという法則のことを、ベル・マジャンディーの法則という。

 

 前枝、後枝
椎間孔を抜けた脊髄神経は、2つに枝分かれする。そのうち、前方に出る太い枝を前枝という。後方に出る細い枝を後枝という。後枝は、背中の筋や皮膚に向かう。

 

 神経叢
前枝には、上と下の脊髄神経によって神経叢(しんけいそう)が構成されるものが多い。神経叢からは枝が出ている。神経叢から出た枝は、皮膚や筋などに向かって伸びている。

 

一方、胸神経の領域の場合は、神経叢を構成せず、肋間神経の状態のまま目標の場所に向かって伸びている。

 

 

脊髄神経の主要な支配域

 

 頸神経叢(C1〜C4
頸神経叢から出ている枝は、舌骨下の筋群と頸部の前方部分の皮膚に分布している。頸神経叢から出ている神経には、横隔神経がある。

 

・横隔神経(C3〜C5
横隔神経は、横隔膜を支配する。また、横隔神経は、胸腔の内部を下に向かって伸びている。

 

 腕神経叢(C5〜Th1
腕神経叢は、自由上肢と上肢帯に向けて、数多くの神経を伸ばしている。腕神経叢の神経は、自由上肢と上肢帯に分布している。腕神経叢から出ている神経のうち、主なものを以下に示す。

 

・正中神経
正中神経は、手のひらの親指(母指)側の皮膚の知覚を支配する。正中神経が分布している場所は、前腕の屈筋群のほとんどである。

 

・尺骨神経
尺骨神経は、手のひらの皮膚の知覚と、手の甲の小指側の皮膚の知覚を支配する。尺骨神経が分布している場所は、手の筋群のほとんどである。

 

・橈骨神経
橈骨神経は、手背の親指側の皮膚の知覚を支配する。橈骨神経が分布している場所は、前腕の筋群と上腕の筋群である。

 

・筋皮神経
筋皮神経が分布している場所は、上腕の屈筋群である。

 

・腋窩神経
腋窩神経が分布している場所は、三角筋などである。

 

 肋間神経(Th1〜Th12
肋間神経は、胸腹壁にある皮膚と筋の支配を行う。肋骨の下側の縁に沿いつつ伸びている。また、肋間神経は神経叢を形成しない

 

 腰神経叢(Th12〜L4
腰神経叢は、下腹部、鼠径部、大腿のそれぞれの神経と皮膚に枝を伸ばしている。下腹部、鼠径部、大腿のそれぞれの神経と皮膚には、腰神経叢の枝が分布している。

 

大腿の内側の面には、骨盤を通過した閉鎖神経が入り込んでいる。大腿の前面には、鼠径靱帯を通過した大腿神経が入り込んでいる。

 

 仙骨神経叢(L4〜S3
仙骨神経叢は、下肢にある皮膚と筋のほとんどを支配する。

 

○腰仙骨神経叢
下肢の支配を行う腰神経叢と仙骨神経叢とを合わせて、腰仙骨神経叢という場合もある。腰仙骨神経叢の枝(神経)のうち、主なものを以下に示す。

 

・坐骨神経
坐骨神経が分布しているのは、大腿の後ろ側の面の屈筋郡である。坐骨神経は、腋窩から脛骨神経総腓骨神経とに分かれて伸びている。さらに、総腓骨神経は、浅腓骨神経深腓骨神経とに分かれている。

 

・脛骨神経
脛骨神経が分布しているのは、下腿の後ろ側の面の屈筋郡である。

 

・浅腓骨神経
浅腓骨神経が分布しているのは、下腿の外側の面にある腓骨筋群である。

 

・深腓骨神経
深腓骨神経が分布しているのは、下腿の前面にある伸筋群である。

 

・閉鎖神経
閉鎖神経が分布しているのは、大腿の内側の面の内転筋群である。

 

・大腿神経
大腿神経が分布しているのは、大腿の前面にある伸筋群である。

 

 陰部神経叢(S2〜S4
陰部神経叢から出る枝には、陰部神経などがある。