体幹の骨格、脊柱、胸郭 − 健康と医療の情報局

 

体幹の骨格、脊柱、胸郭

 

体幹を構成する骨格には、脊柱胸郭がある。

 

脊柱
脊柱は、ゆるいS字状のカーブが2つ重なった形をしている。全長は約70cmである。椎骨と椎間板が交互に重なることで、脊柱が構成されている。脊柱には、身体の体重を支える役割がある。

 

 椎骨
椎骨は、椎体椎弓で構成される。椎弓は、椎孔脊柱管)をアーチ状に囲んでいる。それぞれの椎弓からは、いくつか突起が出ている。

 

椎弓の上下からは、それぞれ関節突起という突起が出ている。関節突起は上下の椎骨の間で関節(椎間関節)をそれぞれ構成する。

 

椎弓の後方からは(きょく)突起、側面からは左右の方向に横突起がそれぞれ出ている。棘突起と横突起は、筋肉が付着する場所となる。

 

椎弓の根元の上下には、それぞれ切り込み(切痕:せつこん)がある。それぞれの切痕は、脊柱の側面から椎間孔を囲む形になっている。

 

 椎骨の構成と連結
脊柱は上から順に、頸椎胸椎腰椎仙椎尾椎にそれぞれ含まれる椎骨がつながって構成される。

 

・頸椎(けいつい)
頸椎は7個の椎骨で構成される。脊柱のうち、一番自由に動かせられる部分が頸椎になる。頸椎部は、前方に向かってアーチ状に曲がっている(前彎:ぜんわん)。

 

頚椎のうち、第1頸椎(環椎)と第2頸椎(軸椎)は、形が特殊である。第1頸椎(環椎)は、環状で椎体部をもっていない。一方、第2頸椎(軸椎)には、歯突起という突起がある。環椎は、歯突起を軸として動く。第1頸椎(環椎)と第2頸椎(軸椎)は、頭骨の運動を支える役割をもつ。

 

・胸椎
胸椎は12個の椎骨によって構成される。胸椎は、比較的に運動しない部分である。胸椎部は、頸椎部とは逆で後方に向かってアーチ状に曲がっている(後彎:こうわん)。胸椎部と肋骨によって、胸郭が構成される。

 

・腰椎
腰椎は、5個の椎骨によって構成される。腰椎の椎体は下に向かうほど大きいものになる。

 

人が直立するときに合わせる形で腰椎部が前彎する。腰椎部の前彎は、生後に歩けるようになるとみられる。また、腰椎部の椎間板はくさび形をしており、前方が高く後方が低い。

 

・仙椎
仙椎では、5個の椎骨が合わさって、1つの仙骨を構成している。仙骨は後湾しており、骨盤に含まれている。

 

・尾椎
尾椎では、3〜5個の椎骨が合わさって、1つの尾骨を構成している。

 

 椎間板
椎間板は、椎骨の椎体同士をつないでいる円盤状の構造体である。大きく動く場所にある椎間板は、厚みが大きくなっている。椎間板は、液体成分の割合が高い線維性軟骨で構成されている。

 

 脊柱管
脊柱管は、椎骨の椎孔同士がつながることでつくられる腔所である。脊柱管の内部には、髄膜に包まれた脊髄が入り込んでいる。椎骨の間ごとには、それぞれ左右の方向に椎間孔という孔が開いている。

 

胸郭

 

 肋骨
肋骨は、肋硬骨部と肋軟骨部で構成される。肋骨は12対あり、それぞれが胸郭を囲む形で存在する。肋骨の内側にあるくぼみに、それぞれ血管(肋間動脈、肋間静脈)と神経(肋間神経)が通っている。

 

肋骨のうち、第1〜7肋骨までが肋軟骨を通じて胸骨とつながる。第1〜7肋骨のことを真肋という。

 

第7肋骨の肋軟骨に第8〜10肋骨がくっついて肋骨弓を形成する。第8〜12肋骨のことを仮骨という。第1〜10肋骨までは、前方でつながっている。第11肋骨と第12肋骨は、胸骨や他の肋骨とつながっておらず、長さも短い。

 

肋軟骨には弾性があり、それによって肋骨の位置を下げて息を吐くことができる。

 

 胸骨
胸骨は、上から胸骨柄(肋骨柄部)、胸骨体剣状突起で構成される。胸骨柄と関節している骨には、第1肋骨と鎖骨がある。肋骨柄から肋骨体に移るところはふくらんでおり、ここを胸骨角という。