前腕・手の筋 − 健康と医療の情報局

 

前腕・手の筋

 

前腕の筋群
前腕の筋群は、前腕前面の筋群前腕後面の筋群に分けることができる。前腕前面の筋群は、屈曲を行う屈筋群である。前腕後面の筋群は、伸展を行う伸筋群である

 

 前腕前面の筋群
前腕前面の筋群は、停止の位置の違いで分けられ、前腕を動かす筋群手首を動かす筋群指を動かす筋群の3つがある。この3つの筋群は、それぞれ屈筋群である。

 

前腕前面の筋群を支配する神経のほとんどは、正中神経である(腕橈骨筋や深指屈筋など、例外あり)。

 

・前腕の運動を行う筋群(屈筋群)

 

 ・腕橈骨筋
腕橈骨筋は、上腕骨の下側で起始し、橈骨の下側で停止する。肘関節の屈曲を行う。腕橈骨筋を支配する神経は、橈骨神経である。

 

 ・円回内筋
円回内筋は、前腕の回内と肘関節の屈曲を行う。

 

 ・方形回内筋
方形回内筋は、前腕の回内を行う。

 

・手首の運動を行う筋群(屈筋群)

 

 ・橈側手根屈筋
橈側手根屈筋は、上腕骨の内側上顆で起始し、手首前方部の母指側の第2中手骨の底部で停止する。橈側手根屈筋は、手首の屈曲、手首の親指側への外転を行う。

 

 ・尺側手根屈筋
尺側手根屈筋は、上腕骨の内側上顆から起始し、手首前方の小指側の豆状骨で停止する。尺側手根屈筋は、手首の屈曲と、手首の小指側への内転を行う。

 

 ・長掌筋
長掌筋は、手のひら(手掌)の皮下にある腱膜を緊張させる。

 

・指の運動を行う筋群(屈筋群)

 

 ・浅指屈筋
浅指屈筋と深指屈筋は、上腕骨の内側上顆から起始する。そして、浅指屈筋腱を形成して手根管を通過し、第2〜5指に行く。浅指屈筋腱は、停止する場所の手前で二手に分かれ、中節骨で停止する。

 

指の中節までの関節の屈曲を行う。

 

 ・深指屈筋
深指屈筋は、橈骨と尺骨の上部の前面から起始する。そして、深指屈筋腱を形成して手根管を通過し、第2〜5指に行く。深指屈筋腱は、二手に分かれた浅指屈筋腱の間を通過し、末節骨で停止する。

 

指の末節までの関節の屈曲を行う。深指屈筋の尺側(小指側)部分の半分は、尺骨神経に支配される。

 

 ・長母指屈筋
長母指屈筋は、母指の屈曲を行う。

 

・屈筋支帯、手根管
手首の前面部分にはっている靱帯のことを屈筋支帯という。屈筋支帯の奥には通路のような場所があり、そこを手根管という。手根管には、前腕から来る指の屈筋腱が通る。

 

それぞれの腱は、袋状の膜におおわれており、それを腱鞘(けんしょう)という。腱鞘があることで、腱の動きがなめらかになる。腱鞘炎は、指が細菌に感染したり、無理に動かされたりしたときにおこる場合がある。

 

 前腕後面の筋群
前腕後面の筋群は、伸展を行う筋で構成される伸筋群である。前腕後面の筋群は、停止の位置の違いで分けられ、前腕を動かす筋群手首を動かす筋群指を動かす筋群の3つがある。前腕後面の筋群を支配する神経は、橈骨神経である。

 

・前腕の運動を行う筋群(伸筋群)

 

 ・回外筋
回外筋は、前腕の回外を行う。

 

・手首の運動を行う筋群(伸筋群)

 

 ・長橈側手根伸筋
長橈側手根伸筋は、上腕骨の外側上顆で起始し、手首の後面の第2中手骨の底部で停止する。手首の伸展と外転を行う。

 

 ・短橈側手根伸筋
短橈側手根伸筋は、上腕骨の外側上顆で起始し、第3中手骨の底部で停止する。

 

短橈側手根伸筋は、長橈側手根伸筋と同じく、手首の伸展と外転を行う。

 

 ・尺側手根伸筋
尺側手根伸筋は、上腕骨の外側上顆とその周りで起始し、第5中手骨の底部で停止する。手首の伸展と内転を行う。

 

・指の運動を行う筋群(伸筋群)

 

 ・総指伸筋
総指伸筋は、上腕骨の外側上顆で起始してから、4つの腱に分かれる。そして、それぞれが第2〜5指の指背腱膜となって末節骨で停止する。総指伸筋は、第2〜5指の伸展を行う。

 

指を動かす伸筋群には、長母指外転筋、長母指伸筋、短母指伸筋、小指伸筋も含まれる。

 

手の筋群
手の筋群は、母指球の筋群小指球の筋群中手部の筋群の3つに分けられる。母指球の筋群を支配する神経のうち、そのほとんどが正中神経である。それ以外の母指球の筋群を支配する神経は、尺骨神経になっている。

 

 母子球の筋群
母子球の筋群には、母指内転筋、母指対立筋、短母指外転筋、短母指屈筋がある。

 

 小指球の筋群
小指球の筋群には、小指外転筋、小指対立筋、短掌筋、短小指屈筋がある。

 

 中手部の筋群
中手部の筋群には、掌側骨間筋背側骨間筋虫様筋がある。

 

・掌側骨間筋
掌側骨間筋は3つある。それぞれ中手骨から起始し、基節骨底で停止する。指と指の間の開閉を行い、指の付け根の曲げる。

 

・背側骨間筋
背側骨間筋は4つある。それぞれ中手骨から起始し、基節骨底と指背腱膜で停止する。指と指の間の開閉を行い、指の付け根の曲げる。

 

・虫様筋
虫様筋は、深指屈筋の腱で起始し、指背腱膜で停止する。小さめの筋である。