ダイエットで体重を測るタイミングと体重を記録することの重要性 − 健康と医療の情報局

ダイエットで体重を測るタイミングと体重を記録することの重要性

 

ダイエットで重要な活動として、「毎日の体重測定」が挙げられます。ただ、ダイエットで体重を測るときには、それに適したタイミングで体重を測定する必要があります。

 

なぜなら、正しいタイミングで体重を測らないと、このときの結果をダイエットに活かすことが難しくなるからです。

 

また、体重を測定したときには、その数値を忘れずに毎日記録することが大切です。その理由は、体重を毎日記録するかどうかによって、ダイエットに対する意識の強さが変わってくるからです。

 

そこで今回は、「ダイエットで体重を測るときの正しいタイミング」と「自分の体重を毎日記録することの重要性」について、それぞれ解説していきます。

 

体重はどのタイミングで測るのが最も良いのか

ダイエット中に体重を測ることができるタイミングには、朝・昼・夕食前・お風呂上りなどが挙げられます。

 

そして、ダイエットを行っている人の中には、お風呂上りなどの決まったタイミングに1回だけ体重を測る人がいます。また人によっては、朝と夕方などの異なる時間帯に分けて、体重を複数回測定する人もいます。

 

ただ実際のところ、1日に異なるタイミングで何度も体重を測定するのは避けなければいけません。その理由は、1日の中で体重を測るたびにその数値にバラつきが出てしまうからです。

 

体重にバラつきを起こす原因のうち、最も大きなものとして、「体内の水分」が挙げられます。体内の水分は、吐く息や汗、尿などによって体外に排出され、それによって体重が軽くなります。また、飲料水を飲むなどして体内に水を摂り入れれば、その分だけ体重が重くなります。

 

このような「体内の水分量の変動」は、私たちの体において頻繁に行われます。これにより、1日に何度も体重を測っていると、「いつ測った体重が自分の本当の重さなのか」がわかりづらくなってしまいます。

 

そのため、ダイエット中に体重を測定するのは、毎日同じタイミングで1日1回にしておくことが大切です。

 

体重は朝起きたときに測定するべき

ダイエット中に体重を測る人によっては、「夜のお風呂上り」や「就寝前」などのように、夜に体重を測る人がいます。ただ実際のところ、夜に体重を測定するのは避けなければいけません。

 

なぜなら、夜に体重を測ったときに体重が増えたことに気付いたとしても、その反省をその日のうちに活かすことができないからです。

 

夜は1日の終わりに近い時間帯です。さらに、夜は翌朝に備えて睡眠をとらなければいけません。そしてこのとき、消費カロリーを増やすために運動を行ってしまうと、その刺激が脳に伝わって眠りにくくなってしまいます。

 

また、朝起きたときに体重を減らすための対策を取ろうとしても、一度睡眠をとることで危機感が薄くなってしまいます。これにより、体重増加の対策を取れなくなる可能性が高くなります。

 

これらのことから、「夜のお風呂上り」や「就寝前」などのように、夜に体重を測定するのは避けなければいけません。

 

ダイエット中に体重を測るときのベストタイミングとして、「朝起きてから1回だけ体重を測ること」が挙げられます。その理由は、朝は1日が始まったばかりの時間帯であり、体重が増えていたときにその反省をすぐに活かすことができるからです。

 

例えば、食事の量を減らしたり運動量を増やしたりするなどして、体重が再び減少するように努力することができます。これにより、体重の増加をすぐに食い止められるようになります。

 

このように、ダイエット中に体重を測定する場合、朝起きたときに1回だけ体重を測ることが重要です。この場合であれば、体重が増加していたとしても、その対策をその日のうちに取り組むことができます。

 

体重を測ったときに、それを毎日記録することの重要性

ダイエット中に体重を測定する場合、その数値を記録しておくことが大切です。なぜなら、体重を測っただけで終わってしまうと、自分の体重を忘れてしまうからです。

 

この場合、自分の体重が増加傾向にあるのか、あるいは減少傾向にあるのかがわからなくなります。さらに、体重の変動を把握できないことで、「体重を減らさなければ」という気持ちが薄れやすくなります。

 

これらのことを避けるためにも、ダイエット中に体重を測ったときには、その数値を忘れずに記録していくことが重要です。そしてこのとき、卓上タイプや壁掛けタイプの月めくりカレンダーに自分の体重を記録していき、それを居間などの目につきやすい場所に設置するのが有効です。

 

そうすることで、自分の体重の増減を簡単にチェックでき、ダイエットに対するモチベーションを高めることができます。また、体重が増加したときであれば、「気を付けないとまずいな」と危機感を感じ、普段の自分の行動に注意しやすくなります。

 

手帳タイプのカレンダーに体重を記録するときの注意点

また人によっては、「自分の体重の変動を家族に見られたくない」と思う方がいるかもしれません。その場合には、手帳タイプのカレンダーに自分の体重を記録するようにしましょう。

 

このときの注意点として、「毎日体重の変動をチェックする癖をつけること」が挙げられます。自分の体重の増減を毎日チェックするようにしないと、ダイエットに対する意識が薄れる恐れがあるからです。

 

そのため、手帳タイプのカレンダーに体重を記録するときには、その変動を毎日チェックするようにしましょう。これを繰り返すことで、体重の増減をチェックする癖が身につき、ダイエットに対する意識を強くし続けることができます。

 

このように、ダイエットを行うときには、毎朝起きたときに体重を測定し、その数値をカレンダーに記録していくことが重要です。そうすることで、ダイエットに対するモチベーションが高められるようになります。

 

また、朝に体重を測るようにすることで、体重が増えていてもその日のうちに対策をとれるようになります。そして、「食事量を減らす」「運動量を増やす」などの痩せるための活動を日々行うようにすることで、細く引き締まった体を手に入れられるようになります。