ダイエットでの挫折を防ぐ方法とは − 健康と医療の情報局

ダイエットでの挫折を防ぐ方法とは

 

ダイエットをしている方のなかには、我慢できずに挫折してしまう方もいます。ダイエットを挫折する理由は、もちろん人によって異なります。では、どうすれば挫折せずにダイエットを続けることができるのでしょうか。

 

 

「何のためにダイエットをするのか」について考える


ダイエットをしたからには、何かしらの理由があるはずです。「スタイルを浴したい」「自分に自信をもちたい」「モテたい」など、さまざまな動機があると思います。しっかりとした目的をもってダイエットを始めることはいいことだと思います。

 

しかしながら、ダイエットを成功させるためには、正しい努力をしっかりこなしていかなければなりませんし、キツい場面がいくつもあります。耳が痛くなってしまうかもしれませんが、これが現実なのです。

 

そうであっても、効率よくやせる方法ならあります。それは、当サイトの他のページにもあるとおり、糖質と摂取カロリーを抑えつつタンパク質をしっかり摂る食事に切り替え、筋力トレーニングなどの無酸素運動を正しい方法で行うことです。

 

実際にやってみると、これらの食事制限や運動になれてない方にとっては、つらい場面があるかと思います。とくに甘いものが好きな人にとっては、糖質を減らすことに苦痛を感じてしまうかもしれません。

 

ですが、少なくとも現状と違う環境をつくりださなければ、体を変化させることはできないのです。まずは、できるところからでもいいので、確実に今とは違う環境に変えていくことが大切です。

 

無理のない範囲で、ダイエットに適した生活習慣に切り替える

糖質を制限する場合、甘いものがなかなかやめられないのであれば、まずは、甘いものを摂る量と回数を、できるところまで減らすことから始めればいいのです。

 

できるところから少しずつ始めていき、糖質が入っていないものに置き換えられるものは置き換えるなど、工夫することも1つの手です。

 

また、無酸素運動については、週に1回か2回(間を2〜3日あける)で十分です。さらに、無酸素運動を行う時間も1つの筋肉につき、5分程度で良いです。

 

むしろ、無酸素運動をたくさんやればやるほど、筋肉の回復が妨げられてしまいます。そのため、逆効果になってしまうのです。

 

無酸素運動のやり方と注意点

最初は、ウォーミングアップとして、少し軽めの強度の運動から始めていきます。そして、最後のセットで自分の限界を超えるような力で運動をするわけです。

 

無酸素運動をやるときは、力を出すことにつらさを感じてしまうかもしれません。しかし、この運動を正しい方法で乗り切っていけば、より強い筋肉を付けることができます。そして、以前よりもエネルギーを消費する、やせやすい体になることができるのです。

 

このメリットを考えれば、週に1回か2回で、なおかつ、筋肉1ヶ所につき5分ほどの運動は、安いものなのではないでしょうか。無酸素運動を行なう際には、運動のつらさよりも、筋肉を付けられるメリットを意識するようにしてみてください。

 

基本的には、ダイエットでは誰かと競い合うといったことはありません。つまり、ダイエットは自分自身の甘えとの勝負になります。

 

ダイエットをしていくなかでは、いろいろと苦しい場面に遭遇するかもしれません。ですが、ぜひとも途中で投げ出さずに、正しい努力を続けていっていただきたいと思います。