胃液の分泌・成分 − 健康と医療の情報局

胃液の分泌・成分

このページでは、「胃液の分泌機能」「胃液の成分とその作用」「胃液分泌のメカニズム」「胃液分泌の促進と抑制」について、それぞれ解説していく。

 

胃の分泌機能と胃液

胃液に含まれるものには、塩酸(胃酸)、粘液ペプシンなどがある。胃液の分泌量は、1日あたり1.000〜3.000ミリリットルである。

 

胃の粘膜(粘膜固有層)には、胃液の分泌を行う細胞がある。胃液の分泌を行う胃腺は、噴門腺胃底腺幽門腺の3つの場所に分けられている。

 

それぞれの胃腺の名称・場所・働き

胃腺の名称

場所

腺細胞

分泌するもの

働き

噴門腺 噴門部 副細胞 粘液 粘膜を潤して保護する

胃底腺

 

 

胃底部

 

胃体部

主細胞 ペプシノーゲン タンパク質の消化
副細胞 粘液 粘膜を潤して保護する
壁細胞 塩酸(胃酸)

酸性化タンパク質の消化の手助け

 

ペプシノーゲンを活性化してペプシンにする

幽門腺 幽門部 副細胞 粘液 粘膜を潤して保護する

 

胃液の成分とその作用

 

胃液には、ペプシン塩酸(胃酸)、粘液、糖タンパク質である内因子などの成分が存在する。それらのうち、ペプシンと塩酸の2つは、胃液の主要な成分となっている。また、胃液のpHは1.0〜2.0となっている。

 

ペプシン

 

胃底腺にある主細胞からは、ペプシノーゲンが分泌される。胃液によってペプシノーゲンが活性化されると、そのペプシノーゲンはペプシンに変わる。

 

ペプシンは酵素であり、タンパク質を分解する働きをもつ。タンパク質がペプシンの働きによって、ある程度分解されると、ポリペプチドやペプトンになる。

 

塩酸(胃酸)

 

胃底腺の壁細胞からは、塩酸(胃酸)が分泌される。塩酸には、以下のような働きがある。

 

  • 殺菌作用によって、十二指腸に細菌が入らないようにする
  • ペプシノーゲンを活性化し、タンパク質を消化できるペプシンに変える

 

塩酸が異常に多く分泌される状態を、胃酸過多(胃酸分泌過多)という。胃酸過多は、胃潰瘍など、消化管での潰瘍の場合に起こることがある。

 

胃酸過多の主な症状は、胃痛やげっぷなどである。また、塩酸の分泌は、加齢や悪性貧血などによって少なくなる場合がある。

 

粘液

 

胃粘膜の副細胞によって、粘液の分泌が行われる。ここで分泌される粘液には、胃の内側をおおって粘膜を守る働きがある。また粘液の働きによって、タンパク質の分解を行うペプシンが、胃の粘膜を消化しないようにしている。

 

内因子

 

胃液に含まれる内因子は、糖タンパクの一種である。内因子は、小腸でのビタミンB12の吸収に不可欠なものである。内因子が足りない場合、それによって悪性貧血が引き起こされる。

 

胃液分泌のメカニズム

 

胃液分泌は、食事のときに行われる。胃液の分泌のメカニズムは、頭相胃相腸相の3つの時期に分けられている。

 

頭相

 

食べ物を見る、においをかぐ、食べるなどによって刺激が発生する。その刺激は大脳に働き、迷走神経から胃腺に刺激が送られる。

 

それによって、胃液の分泌が行われる。また、頭相と同じメカニズムが、空腹のときにも起こる。これは、胃液の基礎分泌にあてはまる。

 

胃相

 

胃に食べ物が入ることで、胃壁が刺激される。それによって、胃液の分泌が行われる。

 

また、食べ物のなかに消化されたタンパク質であるアミノ酸やペプチドが含まれていた場合、それらの働きによって、胃粘膜からガストリンというホルモンが生成される。

 

ガストリンは血液に送られ、体中をめぐってから胃に戻る。そして、胃腺に刺激を与え、胃液の分泌を促進する。

 

腸相

 

十二指腸の粘膜に、タンパク質を消化してできたものが触れた場合、胃液の分泌が刺激を受ける。十二指腸に脂肪が送られた場合は、胃液の分泌と胃の運動が抑えられる。

 

胃液分泌の促進と抑制

 

胃に入ったものの性質や種類の他、感情の変化などが、胃液の分泌に関わっている。脂肪を多く含む食べ物は、エンテロガストロンによって、胃の運動と胃液の分泌の両方を抑える。

 

迷走神経が興奮することで、神経終末からアセチルコリンが出る。アセチルコリンにも、胃液の分泌を促す働きがある。

 

アセチルコリンが受容体に結合しないようにする物質である拮抗薬として、アトロピンがある。アトロピンは胃液の分泌を抑える働きをもつ。

 

胃液の分泌を刺激する物質のうち、強い作用をもつものとしてヒスタミンがある。また、胃液の分泌を促す飲み物には、お茶やコーヒーなどがあてはまる。

 

胃痛・胃酸過多・胃炎などの胃のトラブルにお悩みの方へ

 

学校や会社などで日々の生活を送っていると、緊張やストレス、忙しさなどを感じることが本当に多いです。

 

例えば、「学校で急に面倒な宿題を出された」「会社で上司から急に書類の作成を任された」といった状況では、嫌な緊張感や強いストレスなどを感じてしまいます。

 

そして、このような「つらい状況」に何度も直面してしまうと、だんだん胃が苦しくなり、さらに胃が「キリキリ」「ムカムカ」と痛くなってきます。

 

このような状態が続くと、気持ちがどんどん沈んで行ってしまいます。さらに、胃の苦しさや痛みによって、食欲がわかなくなったり、食べ物を食べても苦しくなったりしてしまいます。

 

これでは、「自分はこのままで大丈夫なのか?」と心配になってしまいますよね……。

 

そのようなときにぜひ試していただきたいものとして、「生薬製剤イツラック」があります。

 

生薬製剤イツラックは、3つの自然生薬(ケイヒ、チョウジ、ウイキョウ)が含まれている「指定医薬部外品」です。

 

指定医薬部外品とは、「薬事法の一部改正にともなって、【医薬部外品】に指定されることになった医薬品」のことです。つまり、指定医薬部外品は、もともと医薬品として扱われていたものです。

 

そして、生薬製剤イツラックに配合されているケイヒ、チョウジ、ウイキョウには、それぞれ以下のような特徴があります。

 

  • ケイヒ:免疫力の回復、胃腸の機能の調整、血液循環の改善などの作用が期待され、胃腸薬などのさまざまな医薬品や漢方に含まれている。
  • チョウジ:消化不良、下痢、嘔吐(おうと)、腹部の痛みなどに有効な成分として使用されている。
  • ウイキョウ:解毒作用や健胃作用が期待されており、胃薬などの医薬品にも含まれている。

 

これら3つの自然生薬の働きが、胃の痛みにじっくりと効いていきます。

 

また、生薬製剤イツラックは、厚生労働大臣が定めた医薬品などの品質管理基準(GMP基準)に従って作られていて、安全性が非常に高いです。そのため、品質などを心配することなく、安心して飲むことができます。

 

私自身(30代男)、仕事や人間関係などのストレスを長年抱えており、ストレスからくる胃の痛みにずっと悩んでいました。

 

そして、ストレスを紛らわせるために、不摂生な食事や食べ過ぎを繰り返して胃の負担を増やしてしまい、胃の痛みを悪化させるという悪循環におちいっていました。

 

このような状態を見かねていた同僚から、ある日、指定医薬部外品の「生薬製剤イツラック」のことを教えてもらいました。

 

生薬製剤イツラックを飲むようにしてみたところ、胃の痛みを感じる機会が少しずつ減っていく感触がありました。それに合わせて、胃の中がすがすがしい感じになり、以前よりも活発に働くことができるようになってきました。

 

胃痛などのつらい胃の症状にお悩みの方は、ぜひとも「生薬製剤イツラック」を試してみてください。生薬による胃の調子をサポートを受けて、以前よりもスッキリとした毎日を手に入れてください。

 

 

【生薬製剤イツラック】のご購入はこちらから