歯ごたえのある野菜を多く摂り、満腹感を覚えることで痩せる − 健康と医療の情報局

歯ごたえのある野菜を多く摂り、満腹感を覚えることで痩せる

 

ダイエットを行う場合、食生活を見直すことが重要になります。そしてこの場合、ダイエット前よりも食事の量を少なくする人が多いです。食事の量を少なくすることで摂取カロリーが減った場合、以前よりも体重を落としたり細くなったりすることが期待できます。

 

ただ、無理をして食事の量を少なくし過ぎてしまうと、ダイエットを続けていくのがつらくなってしまいます。そして場合によっては、暴飲暴食に走るようになり、リバウンドを引き起こしてしまう恐れがあります。

 

このようなことにならないためには、ダイエット中であってもたくさん食べるべき食品を理解し、それをできるだけ積極的に摂るようにすることが大切です。

 

そこで今回は、「ダイエット中であっても多めに食べた方が良い食品」について解説していきます。

 

歯ごたえのある野菜は、ダイエット中でも多めに摂るべき

ダイエットにおいてなるべく多めに食べた方が良い食品として、「歯ごたえのある野菜」が挙げられます。この食品に当てはまるものの例としては、キャベツ、レタス、白菜、チンゲン菜、水菜などの葉っぱの野菜が挙げられます。

 

これらの葉野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維などの成分が主に含まれています。これらのうち、ビタミンやミネラルは、私たちが健康な状態で生きていくために必要な成分です。

 

また、体内においてビタミンやミネラルが足りなくなってしまった場合、それによってめまいなどを感じたり、病気を引き起こしたりしてしまう恐れがあります。このような状態にならないためにも、葉っぱの野菜を食べてビタミンとミネラルをしっかりと補うことが大切です。

 

その一方で、歯ごたえのある野菜などに含まれる食物繊維には、胃腸の機能を活性化する働きがあります。野菜を食べるなどして食物繊維を摂ると、胃腸の機能が高められ、より活発に運動するようになります。

 

このとき、胃腸の運動のために、より多くの脂肪が燃焼するようになります。そのため、食物繊維を豊富に含む葉野菜を多く食べることで、余分な体脂肪を燃えやすくすることができます。

 

歯ごたえのある野菜を食べるときの注意点

歯ごたえのある葉っぱの野菜には、糖質などのようにカロリーとなる栄養がほとんど含まれていません。そのため、ダイエット中に歯ごたえのある野菜をたくさん食べたとしても、カロリーの摂りすぎを起こすことはありません。

 

またこのとき、糖質を多く含むドレッシングなどをつけて野菜をたくさん食べていると、糖質を摂りすぎてしまう恐れがあります。

 

糖質が体内に吸収された場合、それらは血液中に送られます。これによって、血糖値(血液中にある糖質の量)が一気に上昇します。すると、すい臓から分泌されるホルモンの働きで、今度は血糖値が一気に降下します。このとき、血液中に存在する糖質は脂肪へと変換され、体内に蓄積されてしまいます。

 

こうした事態を避けるためにも、歯ごたえのある野菜を多めに食べるときには、糖質を多く含むドレッシングを極端につけすぎないようにしましょう。

 

ドレッシングのうち、比較的糖質が多めのものには、ごまドレッシングやオニオンドレッシングなどが挙げられます。その一方で、マヨネーズや青じそドレッシングなどは、ドレッシングの中でも糖質を含む量が少なめです。

 

そのため、歯ごたえのある野菜を食べるときには、これらのように糖質を含む量が少ないドレッシングを選ぶようにすることが大切です。そして、極端なつけすぎや掛け過ぎに注意して食べるようにすることで、食事での糖質の摂取量をさらに抑えられるようになります。

 

歯ごたえのある野菜を食事の最初に食べるようにすると痩せる

既に述べた通り、キャベツなどの歯ごたえのある野菜には、食物繊維という成分が多く含まれています。そして食物繊維には、「胃腸の活動を活性化し、より多くのエネルギーが消費されるようにする」という働きがあります。

 

ただ、食物繊維の働きはこれだけではなく、糖質の吸収を抑制する働きもあります。より具体的にいうと、葉野菜を食べるなどして食物繊維を体内に摂り入れておくと、その後に食べたものに含まれる糖質の吸収量を減らすことができます。

 

その結果、食事で摂った糖質による脂肪の蓄積を少なくすることができます。

 

このことから、ダイエットに取り組む際には、食事の最初に食物繊維を多く含む葉野菜を食べる習慣をつけることが重要です。そうすることで、食事によって溜め込まれる脂肪の量を減らすことができ、スリムな体に大きく近づけるようになります。

 

また、歯ごたえのある葉野菜を食べる場合、何度も歯で噛まなければ飲み込むことができません。そのため、歯ごたえのある野菜を食べるときには、必然的に噛む回数が多くなります。

 

そして、食事のときに何度も食べ物を噛むようにすると、脳が食事での満腹感を覚えやすくなります。そのため、歯ごたえのある野菜を食事の最初によく噛んで食べることで、より少ない食事量でも満足できるようになります。

 

その結果、食べ過ぎを防ぐことができ、ダイエットの成功に大きく近づけるようになります。

 

このように、ダイエットに取り組む際には、食事の最初に歯ごたえのある葉野菜を食べることが大切です。そして、歯ごたえのある野菜の例としては、キャベツ、レタス、白菜、チンゲン菜、水菜などが挙げられます。

 

これらの野菜を食事の最初に多めに摂ることで、ビタミンやミネラル、食物繊維などの健康的なダイエットに必要な成分を補うことができます。そして、これらの葉野菜をよく噛んで食べれば、以前より少なめの食事量でも満足でき、食べ過ぎを防止できるようになります。

 

歯ごたえのある野菜を積極的に摂り入れ、健康を整えながらダイエットを成功させましょう。