夕食の量が多いほど太りやすくなる理由とその対処法 − 健康と医療の情報局

夕食の量が多いほど太りやすくなる理由とその対処法

 

ダイエットにおいてよく聞く情報として、「夕食の量が多いと、その分太りやすくなる」というものがあります。これは事実であり、夕方や夜に食事を多く摂るような習慣をもっていると、その分だけ太りやすくなってしまいます。

 

また、ダイエットを行う人の中には、朝食を摂る習慣がない人がいます。そして、朝食を食べない習慣をもつ人の場合、夕食の量が多すぎる可能性が高いです。

 

もし、夕食の量が多いことによって朝食を食べられないのであれば、その習慣を見直して夕食の量を減らすことが大切です。そうすることで、同じ食事量であっても、より太りにくくすることができます。

 

そこで今回は、「夕食の量が多いほど太りやすくなる理由」と「朝食を食べない習慣を改善するポイント」について、それぞれ解説していきます。

 

夕食の量が多いほど太りやすくなる理由

私たち人間が食事で摂った栄養のほとんどは、脳や体を動かすためのエネルギーになります。そして私たち人間は、基本的に朝や昼間に活動しています。このことから、朝や昼間に脳と体をしっかりと動かすためにも、朝食と昼食を摂ってエネルギーを補給ことが重要になります。

 

その一方で、夕方や夜間などでは、原則として体をほとんど動かすことがなく、むしろ睡眠などで体を休ませる時間になっています。そして夕食で摂った栄養は、夕食を終えてから眠りにつくまでのエネルギーになります。

 

また夕食で摂った栄養のうち、脳や体を動かすエネルギーとして使われなかったものは、脂肪に変換されて内臓に溜め込まれることになります。さらにそこから、皮下脂肪へと変換されてしまいます。

 

そのため、夕食の量が多ければ多いほど、夕食を摂ってから寝るまでに使い切れなかったエネルギーが増えることになります。そして、大量に余ったエネルギーは脂肪として内臓に蓄えられ、体にたくさんの皮下脂肪がつくことになってしまいます。

 

このように、「夕食の量が多ければ多いほど太りやすくなる」というのは、紛れもない事実です。そして、太りやすい生活から抜け出してダイエットを成功させるためには、夕食の量をなるべく軽くすることが重要になります。

 

朝食や昼食が少ない人ほど、夕食にドカ食いしてしまう

ダイエットに取り組む人の中には、朝食と昼食をほんの少ししか食べない代わりに、夕食の量がとても多くなっている人がいます。また人によっては、朝食と昼食を一切摂らず、その代わりに夕食でドカ食いを起こしているケースがあります。

 

これらの習慣をもつ人の場合、夕食後から寝るまでに余ってしまうエネルギーの量がとても多くなっています。そして既に述べた通り、眠りにつくまでに余った大量のエネルギーはそれぞれ体内で脂肪に置き換えられます。その後、それらの脂肪は体のあちこちに送り込まれ、皮下脂肪として溜め込まれてしまいます。

 

夕食時にドカ食いを起こすような食生活が続いた場合、体に蓄えられる脂肪の量がどんどん増えていくことになります。さらに、体に溜まった脂肪が皮下脂肪に変えられ、体のいろいろな部位に送られる効率も上がっていくようになります。

 

このような習慣を変えるためには、まず夕食の量をできるだけ少なめにすることが大切です。そして、朝食や昼食の量をそれぞれ腹八分くらいまで増やすことで、夕食を摂りすぎる習慣から抜け出すことができるようになります。

 

食事の楽しみ方を変え、夕食の量を無理なく減らす

また人によっては、「1日の中で夕食ぐらいしか楽しみがないから、せめて夕食だけは好きなように食べたい」という人がいます。このような場合、「食事をたくさん食べること」に意識を向けるのをやめ、「いろいろな食品を少しずつ味わう」という楽しみにフォーカスすることが重要です。

 

例えば、夕食に大盛りのカレーライスやラーメンなどを食べてお腹を満たすのはやめるようにします。そして、わかめの味噌汁・ほうれん草のおひたし・マグロの刺身・もずく酢・きんぴらごぼうなど、複数の食品を少量ずつ味わい、いろいろな味を楽しむようにするのです。

 

このような食生活に切り替えることで、食事の量が少なくても満足感を得られるようになります。そして、これを続けることによって、いろいろな食品を楽しみながら、お腹周りを細くしていけるようになります。

 

朝食を食べない習慣を改善するポイント

ダイエットを行っている人によっては、「朝は忙しいから、どうしても朝食を食べられない」といった理由で、朝食を摂っていない人がいます。そして、このような事情には、多少やむを得ない部分があります。

 

しかし実際のところ、朝食を食べていない人であるほど、夕食を摂りすぎてしまっている傾向にあります。そして、夕食の量が多すぎる「太りやすい食生活」から抜け出すためには、可能な範囲内で良いので、朝食を食べて夕食を軽くする食生活に切り替えることが大切です。

 

具体的な方法としては、まず夕食をあまり摂らないようにし、以前よりもなるべく早めに眠るようにします。そして、早めに寝た分だけ朝早く起きるようにし、朝食を腹八分あたりまで食べるようにします。

 

このような方法であれば、朝食を摂る時間を無理なく確保することができます。これにより、朝食を食べて夕食を軽くする習慣を身につけることができ、体をより痩せやすくすることができます。

 

このように、夕食の量が多ければ多いほど、大量の皮下脂肪が蓄積するようになってしまいます。そして、夕食を軽めにし、朝食と昼食を腹八分まで食べるような食生活に切り替えることで、体をより痩せやすくすることができます。

 

体を細くするための正しい習慣を身につけ、ダイエットを成功に導きましょう。