カブの栄養価・選ぶポイント・調理法 − 健康と医療の情報局

 

カブの栄養価・選ぶポイント・調理法

 

カブの葉の部分は、緑黄色野菜にあてはまります。また、カブの根の部分は、淡色野菜にあてはまります。

 

 カブの栄養価
カブの根に含まれる主な栄養素には、ビタミンB2・葉酸・ビタミンC・カルシウム・カリウム・リンなどがあげられます。葉酸は、貧血を予防するのに有効です。ビタミンCは、肌の状態を整えるのに役立ちます。

 

カブの根には、消化酵素であるジアスターゼが含まれています。ジアスターゼはでんぷんを分解します。またジアスターゼは、胃腸の働きを改善させて、食欲を高めるとされています。

 

実は、カブは根よりも葉の方が、栄養が豊富です。

 

カブの葉に含まれる主な栄養素には、β-カロテン・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム・鉄・食物繊維などがあげられます。食物繊維は、便秘の解消に有効です。

 

また、カブの葉に含まれるビタミンCの量は、カブの根に含まれるものの約4倍とされています。

 

カブの葉100グラムあたりに含まれるβ-カロテンの量は、ブロッコリーの3倍にもなります。カブの葉100グラムあたりに含まれるカルシウムの量は、ホウレン草の5倍にもなります。

 

β-カロテンとカルシウムによって、ウイルスに対する抵抗力を強めることができ、また骨をより丈夫にすることができます。

 

カブの根と葉には、それぞれ辛味成分であるイソチオシアナートが含まれています。イソチオシアナートには、がんの発生を抑える働きがあるとされています。

 

 カブを選ぶポイント
カブを選ぶ場合、以下のポイントに注目してみてください。

 

 ○カブの全体の特徴
 ・均等な大きさになっているもの

 

 ○カブの葉の特徴
 ・明るい緑色をしているもの

 

 ○カブの根の特徴
 ・形が丸く整っているもの
 ・色が真っ白なもの
 ・表面につやがあるもの

 

 カブの調理法
カブの葉には、ビタミンCが数多く含まれています。ビタミンCは熱に弱く、熱を加えた場合にその効果が消失してしまいます。

 

しかし、カブの葉は灰汁(あく)が強いため、生では食べられません。そのため、カブの葉を食べる場合には、短い時間だけゆでてから食べるのが良いでしょう。

 

カブの根は、煮崩れを起こしやすい野菜です。また、カブの根には、消化酵素であるジアスターゼが含まれています。ジアスターゼは熱に弱く、熱を加えることで分解してしまいます。

 

これらのことから、カブの根は、漬物などのように生のまま食べるのが良いでしょう。また、カブの根を煮る場合には、なるべく少ない時間内にとどめ、煮崩れを起こさせないようにしてみてください。