チョコレートダイエットで簡単に痩せる方法とその効果 − 健康と医療の情報局

チョコレートダイエットで簡単に痩せる方法とその効果

 

世の中に出回っているお菓子の1つに、「チョコレート」があります。そして、チョコレートを活用するダイエット法があり、それを「チョコレートダイエット」といいます。

 

一般的には、チョコレートなどの菓子類は「肥満の原因になる」と考えられています。しかし実際には、チョコレートの中にも、ダイエットに向いているものがあります。

 

そして、そのようなチョコレートを選び、適切な方法でダイエットに摂り入れることで、健康的に痩せていけるようになります。

 

そこで今回は、「チョコレートダイエットで簡単に痩せる方法とその効果」とそれに関係する内容について、それぞれ解説していきます。

 

 

チョコレートダイエットとはどのようなダイエット法か

 

チョコレートダイエットとは、「チョコレートを日常の食生活に摂り入れ、それによって痩せることを目指すダイエット法」です。

 

チョコレートに使われる材料の1つとして、「カカオ」が挙げられます。そしてチョコレートダイエットでは、「カカオの含有率が70%以上のチョコレート」を活用します。カカオの含有率が70%以上のチョコレートとは、「全体の70%がカカオで構成されているチョコレート」を指します。

 

カカオの含有率が70%以上のチョコレートを使う理由は、カカオに「健康やダイエットに役立つ成分」が含まれているためです。

 

カカオの含有率が70%以上のチョコレートを摂り入れることで、カカオに含まれる「健康やダイエットに有効な成分」を補うことができます。これにより、健康を高めながら痩せていくことが期待できます。

 

チョコレートダイエットの効果とは

 

チョコレートダイエットに取り組むことにより、以下のような効果を得ることができます。

 

脂肪を消費やすくなる

 

チョコレートに使われているカカオには、「カカオポリフェノール」という成分が含まれています。カカオポリフェノールには、「脂肪を燃焼しやすくする働き」があります。

 

さらにカカオには、「オレイン酸」という成分も含まれています。オレイン酸は、「血液中に存在するコレステロール(脂肪の一種)を減らす作用」をもっています。

 

そのため、チョコレートダイエットに取り組むことで、体脂肪を消費しやすくすることができます。そしてこのことは、以前よりも細い体を作ることにつながります。

 

体に脂肪が付きにくくなる

 

チョコレートの材料であるカカオには、「カカオバター」という脂肪が含まれています。カカオバターには、「体内の脂肪が血液中に移動するのを防ぎ、脂肪の蓄積を抑える作用」があります。

 

そのため、チョコレートダイエットを実践することで、体に脂肪をつきにくくすることができます。これにより、体脂肪が少ない体作りを行えるようになります。

 

食欲を抑えられる

 

チョコレートに使われているカカオには、「カカオポリフェノール」という成分も含まれています。カカオポリフェノールには、「空腹感を抱きにくくする作用」があります。

 

そのため、チョコレートダイエットを行うことで、食欲を無理なく抑えられるようになります。これによって、食べ過ぎを防止できるようになります。

 

便秘を改善できる

 

チョコレートに使われるカカオには、「食物繊維」という成分が含まれています。食物繊維には、「便の量を増やして排便をサポートする」「腸の運動をより活発にさせる」といった働きがあります。これにより、便通が改善されて、便秘を解消していくことができます。

 

便秘が起こっているとき、腸内に食べたものなどが多く存在しています。この場合、腸内で糖質などの栄養を吸収しやすくなります。

 

吸収した糖質が体内で利用されずに余った場合、余分な脂肪として蓄積されてしまいます。そのため、便秘を解消することは、より痩せやすい体を作るためにも重要です。

 

チョコレートダイエットの方法とは

 

チョコレートダイエットを実践する場合、以下のような方法で行います。

 

食前にチョコレートを食べる

 

既に述べた通り、チョコレートの材料であるカカオは、食欲を抑える働きをもつ成分(カカオポリフェノール)を含んでいます。そのため、チョコレートダイエットを行う際には、食事の前にチョコレートを食べる習慣を持つことが重要です。

 

そうすることで、食事での食べ過ぎを抑えられたり、少ない食事量でも満足感を得られたりします。その結果、食事を摂る量を自然と減らしやすくなり、健康的に痩せていけるようになります。

 

チョコレートを食べる量は、どのくらいが良いか

 

チョコレートダイエットでは、「1日あたり15〜30グラムを目安とし、1日3食の食前ごとにチョコレートを分けて食べる」ようにします。

 

例えば、15〜30グラムの量を板チョコに当てはめると、板チョコ3〜6かけら分になります。そして、これを3食(朝食・昼食・夕食)の食前に振り分けて食べる場合、それぞれ1〜2かけらの板チョコを摂る形になります。

 

このような目安でチョコレートを摂ることで、チョコレートの健康・ダイエット効果を活用し、痩せやすい体を作れるようになります。

 

また、これよりも多い量のチョコレートを食べていると、カロリーの摂りすぎで痩せにくくなる恐れがあります。そのため、チョコレートダイエットを実践する場合には、1日あたりのチョコレートの摂取量を守るようにしましょう。

 

チョコレートダイエットにおける注意点

 

チョコレートダイエットにおいて気を付けるべき点として、以下のようなものが挙げられます。これらの注意点を守ることで、より安全かつ健康的にチョコレートダイエットを進めることができます。

 

普段の食事内容にも注意する

 

目安を守ってチョコレートを食べ続けても、普段の食事内容が乱れるのは避けなければいけません。なぜなら、そのような食生活を送り続けた場合、痩せる前に体調不良になる危険性が高いからです。

 

例えば、体の細胞の材料となる「タンパク質」が不足していたと仮定します。この場合、体の機能が弱まって病気にかかりやすくなったり、太りやすい体質になったりする可能性が高いです。

 

そのため、チョコレートダイエットを実践する際には、普段の食生活での栄養バランスを整えることが大切です

 

具体的には、「肉・卵・魚・野菜・海藻・豆類・キノコなどのさまざまな食材を摂り、いろいろな栄養素を補給する」「ダイエットサプリを使い、栄養面をサポートしてもらう」などの方法を取ることが重要になります。

 

そうすることで、安全かつ健康的にチョコレートダイエットを進めていけるようになります。そして、以前よりも細い体に近づいていけるようになります。

 

チョコレートを食べる分だけ、食事の量を減らす

 

チョコレートダイエットに取り組む場合、チョコレートを摂る分だけ食事の量を少なくしなければ、カロリーの摂りすぎで痩せられません。

 

そのため、チョコレートダイエットを実践する際には、以前よりも食事の量を減らすようにしましょう。そうすることで、チョコレートの健康・ダイエット効果を活用して、健康的に痩せていけるようになります。

 

このように、チョコレートダイエットでは、「カカオの含有率が70%以上のチョコレート」を活用します。そして、「1日あたり15〜30グラム」を目安にし、朝食・昼食・夕食の各食前に分けて「カカオの含有率が70%以上のチョコレート」を食べれば良いだけです。

 

そのため、チョコレートダイエットは簡単であり、誰でも気軽に取り組むことができます。そして、食べ過ぎなどに気を付けながらチョコレートダイエットを進めることで、健康的に細い体を作っていけるようになります。