豆乳ダイエットによって痩せるための正しい方法とその効果 − 健康と医療の情報局

豆乳ダイエットによって痩せるための正しい方法とその効果

 

栄養面に優れており、ダイエット効果を期待できる飲み物として「豆乳」があります。そして、この豆乳を摂りいれて行うダイエット法として、「豆乳ダイエット」が挙げられます。

 

豆乳ダイエットに取り組む場合、豆乳の効果と正しい摂りいれ方を知っておく必要があります。そうすることで、適切な方法で豆乳ダイエットを進められるようになります。そして、より痩せやすい体を作れるようになります。

 

そこで今回は、「豆乳ダイエットの効果とその方法」とそれに関連する内容について、それぞれ解説していきます。

 

 

豆乳ダイエットとはどのようなものか

 

豆乳ダイエットとは、「豆乳を飲むことで、豆乳に含まれる「ダイエットに有効な成分」を摂りいれて痩せることを目指すダイエット法」になります。

 

豆乳ダイエットの場合、基本的には普段の食生活に豆乳を摂りいれる形で行います。そして、きつい運動や極端な食事制限をするわけではありません。そのため豆乳ダイエットは、誰でも簡単かつ気軽に挑戦することができます。

 

豆乳に含まれる成分について

 

豆乳に含まれている成分のうち、健康やダイエットに有効なものとして以下のようなものがあります。

 

イソフラボン(大豆イソフラボン)

 

イソフラボン(大豆イソフラボン)には、女性ホルモンである「エストロゲン」と同じような働きをする特徴があります。

 

エストロゲンには、体内の脂質を燃焼させる作用があります。しかし、ストレスなどでエストロゲンが減少すると、それによって太りやすい体に向かってしまいます。

 

エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを摂ることで、体についた脂肪を燃焼させることができます。これにより、痩せやすい体に近づけるようになります。

 

またイソフラボンには、「骨を丈夫にして骨粗しょう症を予防する」「更年期障害を予防する」といった働きもあります。

 

大豆サポニン

 

大豆サポニンには、脂肪を体内のエネルギーなどに利用されやすくする働きがあります。これによって、体に脂肪が付きにくくなり、体を痩せやすい状態に近づけることができます。

 

また大豆サポニンには、肝臓における機能障害を改善する作用もあります。そのため、お酒の飲み過ぎなどで肝臓が弱っている場合、豆乳などで大豆サポニンを摂るのが有効です。

 

レシチン

 

レシチンには、余分な脂質が体内に蓄積するのを防ぐ働きがあります。これによって、体をより太りにくくすることができます。

 

またレシチンには、「体内のコレステロール(脂質の一種)を調整する作用」や「集中力や記憶力を高める作用」もあります。

 

タンパク質(大豆タンパク質)

 

タンパク質は、内臓や筋肉などの材料となる成分です。そして、タンパク質を補うことで、筋肉の機能を高めることができます。

 

これにより、筋肉によって日常的に消費されるエネルギーが増え、より痩せやすい体に近づくことができます。

 

また、豆乳の材料である大豆に含まれるタンパク質は、「大豆タンパク質」と呼ばれています。大豆タンパク質の場合、体の中で消化・吸収・分解するのに時間がかかり、体内に留まっている時間が長いです。これによって空腹感が覚えにくくなり、食べ過ぎや間食などを起こしにくくなります。

 

オリゴ糖

 

オリゴ糖は、腸内にいる「ビフィズス菌」の栄養になる役割を持っています。そしてビフィズス菌には、腸内環境を整える働きがあります。

 

そのため、オリゴ糖を摂ることで腸内のビフィズス菌が増え、腸内環境を良好に向かわせられるようになります。これにより、便秘解消の効果が期待できます

 

ビタミンB群

 

ビタミンB群には、「体内の糖質をエネルギーとして利用されやすくする」「体についた脂肪を分解されやすくする」といった働きがあります。これによって、太りにくくて痩せやすい体を作れるようになります。

 

豆乳ダイエットの効果とは

 

豆乳ダイエットを行うことで、以下のような効果が得られます。

 

痩せやすい体になる

 

豆乳に含まれる大豆サポニンやレシチンの働きにより、脂肪が付きにくくて痩せやすい体を作ることができます。

 

食べ過ぎや間食の防止

 

豆乳に含まれる「大豆タンパク質」は、「消化・吸収・分解に時間がかかり、体内に長くとどまる」という特徴を持っています。これにより、強い食欲が起こりにくくなり、食べ過ぎや間食を防ぎやすくなります

 

便秘解消

 

豆乳に含まれるオリゴ糖によって、ビフィズス菌の数を増やすことができます。その結果、ビフィズス菌の働きで腸内環境が正常化され、便秘を改善できるようになります。

 

豆乳ダイエットにおける豆乳選びのポイント

 

豆乳には、「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」の3種類が存在します。そして、それぞれに異なる特徴があります。

 

そのため、豆乳ダイエットを行う場合には、それぞれの投入の特徴を把握したうえで、自分に合ったものを摂りいれて実践することが大切です。

 

無調整豆乳とは

 

無調整豆乳は、「大豆を絞ったままで何も手を加えられておらず、高い濃度をもつ豆乳」のことです。このことから無調整豆乳は、豆乳の中で最も栄養面に優れています。

 

しかし、無調整豆乳は豆乳本来の味やクセが強く出ているため、「飲みにくい」と感じてしまう恐れがあります。そのため、豆乳本来の味やクセが苦手であれば、調整豆乳や豆乳飲料のどちらかを選んだ方が無難です。

 

逆にいえば、豆乳本来の味やクセが苦手でない場合には、無調整豆乳を使って豆乳ダイエットに挑戦するのが良いといえます。

 

調整豆乳とは

 

調整豆乳は、「豆乳に砂糖や脂肪などを混ぜて味を調整したもの」のことです。

 

調整豆乳は、無調整豆乳よりも濃度が少し薄くなっています。そのため調整豆乳は、無調整豆乳に比べて栄養が少ないです。その代わり、無調整豆乳に比べて調整豆乳の方が飲みやすくなっています。

 

ただ、調整豆乳であっても、豆乳本来の味やクセはある程度残っています。そのため、豆乳本来の味やクセをなるべく感じたくない場合、豆乳飲料を選んだ方が豆乳ダイエットを続けやすくなります。

 

豆乳飲料とは

 

豆乳飲料は、「豆乳にコーヒーや果汁などの液体を加えたもの」になります。そして豆乳飲料の濃度は、無調整豆乳の半分程度となっています。そのため、豆乳飲料は豆乳の中で最も栄養価が低くなっています。

 

ただし豆乳飲料の場合、豆乳本来の味やクセがかなり抑えられています。そのため、豆乳本来の味やクセが苦手な場合、豆乳飲料で豆乳ダイエットを行うのが良いです。

 

豆乳ダイエットのやり方とは

 

豆乳ダイエットを行う場合、以下のような方法で実践するようにします。

 

食事を摂る前に豆乳を飲む

 

既に述べた通り、豆乳に含まれる大豆タンパク質には、「体内に長くとどまって空腹感を覚えにくくする作用」があります。そのため、豆乳を食事の前に飲むようにすることで、少ない食事量でも満腹感を覚えやすくなります

 

さらに、豆乳に含まれる大豆サポニンやレシチンにより、食事で摂った糖質や脂質が体脂肪として蓄積されるのを抑えることができます。

 

間食をしたくなったら豆乳を飲む

 

豆乳ダイエット中にどうしても間食をしたくなった場合、チョコレートなどのお菓子類は避けるようにします。そして、お菓子類の代わりに豆乳を「空腹感がまぎれる程度」に飲むようにします。

 

そうすることで、食欲を抑えられるようになり、間食時のドカ食いを予防できるようになります。

 

豆乳を使ったプチ断食ダイエット

 

豆乳ダイエットにおける他のやり方として、「豆乳を使ったプチ断食」が挙げられます。このダイエット法に取り組む場合、以下のような形で行うようにします。

 

朝食を豆乳と少量のフルーツだけで済ませる

 

豆乳を使ったプチ断食を行う場合、朝食を投入と少量のフルーツだけで終わらせるようにします。このとき食べるフルーツの例としては、「バナナ1本」などが挙げられます。

 

ただ、豆乳を使ったプチ断食中に朝食で食べるフルーツの種類には、特に決まりはありません。そのため、「リンゴ半分」や「キウイフール1個」など、好きなものを選んで食べるようにすれば問題ありません。

 

また、豆乳とフルーツを混ぜてスムージーのようにして飲んでも良いです。そのため、「朝食は飲み物でサッと済ませたい」と考える方であれば、豆乳とフルーツのスムージーを作って飲むようにしてみてください。

 

女性におすすめの豆乳ダイエットのやり方

 

女性が豆乳ダイエットを行う場合、以下のような方法で取り組むのもおすすめです。

 

生理前に豆乳を飲む

 

女性が豆乳ダイエットに取り組む場合、生理前に豆乳を飲むようにするとより効果的です。このことには、豆乳に含まれるイソフラボン(大豆イソフラボン)が関係しています。

 

既に述べた通り、イソフラボンには「女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをする」という特徴があります。そして、豆乳を飲んでイソフラボンを摂りいれることで、女性ホルモンのバランスを調整することができます。

 

これにより、生理前での脂肪の蓄積を抑えられるほか、生理痛や生理不順を改善する効果が期待できます。

 

そのため、女性の方が豆乳ダイエットを行う場合には、生理前のタイミングで始めるのが特に有効です。そうすることで、より痩せやすい体を作れるだけでなく、生理時の不快な症状を抑えることができます。

 

豆乳ダイエットを行う際の注意点

 

豆乳ダイエットを行う場合、以下のようなポイントに注意することが大切です。そうすることで、豆乳ダイエットによって痩せやすい体を作りやすくなります。

 

豆乳を飲みすぎないようにする

 

豆乳にも他の食べ物と同じようにカロリーが存在します。そのため、「ダイエットに良いから」と考えて豆乳をたくさん飲んでいると、その分だけカロリーを多く摂りすぎてしまいます。この場合、豆乳に含まれる糖質などをエネルギーとして利用しきれず、体が肥満に向かってしまう恐れがあります。

 

このことから、豆乳ダイエットを行う際には、豆乳をたくさん飲み過ぎないように気を付けましょう。

 

食欲を無視して食べ過ぎないようにする

 

豆乳ダイエットを行うことで、以前よりも空腹感を覚えにくくなります。しかし、空腹感に関係なく日常的に食べ過ぎを起こしていた場合、その分だけ体脂肪が蓄積しやすくなります。これでは、豆乳を食生活に摂りいれていたとしても、ダイエット効果を実感できないままになってしまいます。

 

このようなことを避けるため、豆乳ダイエット中であっても、食欲に関係なく食べ過ぎることがないように気を付けましょう

 

このように、豆乳ダイエットは誰でも簡単かつ気軽に実践できるダイエット法となっています。そして、正しい方法で豆乳ダイエットに取り組むことで、体を以前よりも痩せやすい状態にすることができます。